1. HOME
  2. ブログ
  3. 【スポーツマンガ】1年生のみのチームで甲子園を目指す高校球児の青春ドラマ『おおきく振りかぶって』

【スポーツマンガ】1年生のみのチームで甲子園を目指す高校球児の青春ドラマ『おおきく振りかぶって』

こんにちは!

新スポーツ推進団体(NEWSPO)スタッフのカンナです。

今回は、私の大好きな野球マンガ『おおきく振りかぶって』を紹介していきたいと思います。

実は作者のひぐちアサさんは私と同じ埼玉県の出身で、主人公の三橋が通う西浦高校のモデルになった学校は私の自宅から自転車で行ける場所にありました。

マンガを読んだ当時は、モデルになった学校の近くに行き聖地巡礼(マンガに出てきた場所を巡ること)して楽しんでいたこともありました。

そんな、思い入れのある『おおきく振りかぶって』を紹介しようと思いますので楽しんでいってください。

魅力① 自信ないけど実はすごいピッチャー三橋 廉!

ものがたりは、中学時代の野球部のメンバーに馴染めず自信喪失したピッチャー『三橋 廉(ミハシ レン)』が新設の西浦高校野球部を見にいくところから始まります。

中学時代の思い出がトラウマになっていてもそれでも野球への興味を捨てきれない三橋がグラウンドを見にいくと若い女性に捕まりそのままグラウンドへ連れて行かれます。

そこにいたのは勧誘でやってきた1年生達でした。その中の1人キャッチャーの『阿部(アベ)』に「投げてみてよ?」と言われます。そこで三橋は自分が「中学時代はヒイキされて背番号1番を手に入れて他の部員から嫌われていたこと」を話します。そして、ヒイキなしじゃ自分は遅い球しか投げられない大したことがないピッチャーだからと話した上で数球投げることになります。

三橋が1球投げると周りからは「遅くね?」といわれます。ですが、球を受けていた阿部は目を輝かせながら「三橋!球種は!!!」と走り寄ってきます。三橋は驚きつつも自分の球種を伝えるとなんとその球種は4球種!そして三橋はスッとライクゾーンを9分割で投げ分けられるコントロールを持っていました。

それに気づいた阿部は集まっている全員に「三橋はこれからどんな打者にも勝てる投手になるよ。あとは、打たせた球をとる野手と1点入れてくれる打者がいれば甲子園に行ける。」と言い切ります。

そうして、西浦高校野球部が甲子園を目指し始動するのでした。

魅力② 個性豊かな西浦高校野球部

2つ目の魅力は西浦高校野球部のメンバーです。

自信なく常におどおどしている「三橋」

俺様主義なキャッチャーの「阿部」

兄貴肌で面倒見のいい「花井」

THE・末っ子性格で元気いっぱいの「田島」

空気の読める苦労人「栄口」

など様々な個性を持った仲間達とのやりとりは見ていて微笑ましくなります。

また、合宿などを通じて部員達が互いのことを知っていき、距離が徐々に縮まってチームとして一つになっていく姿は「仲間」の大切さや強さを思い出させてくれます。

↑個人的に好きな合宿シーン「うまそう〜」

はたして、新設ながら仲間として絆を繋いでいった西浦高校野球部は甲子園に行けたのでしょうか?

それはぜひ皆さん自身の目で確かめてください!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事