1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ビリヤード②】あなたは知ってる?ビリヤードの種類(キャロムビリヤード)

【ビリヤード②】あなたは知ってる?ビリヤードの種類(キャロムビリヤード)

こんにちは!
新スポーツ推進団体NEWSPOスタッフのHamiltonです。

前回の記事では、ビリヤードが実は3種類あるということで、もっとも一般的なポケットビリヤードをご紹介しました!

今回はビリヤードの種類第2弾ということで…「キャロムビリヤード」をご紹介します*\(^o^)/*

キャロムビリヤードとは?

一言でいうと手球を打って他の的球に当てる競技です。
これだけだと「あれ?普通のビリヤードと何が違うの??」と思われる方も多いと思います(汗)

キャロムビリヤードの大きな特徴はビリヤード台にあります。

なんと!ビリヤード台にポケット(ボールを落とす穴)がありません!!

ポケットビリヤードのように、手球を当てて的球をポケットに落とすわけではないんです。

ではどのような競技かというと、

1回のショットでより多くの的球に当てることで得点を競います!

キャロムビリヤードの基本ルール

キャロムビリヤードでは、ポケットの無いビリヤード台と手球を2つ(白と黄色)、的球は赤球1つの計3つの球を使用します。

自分の手球を打って的球と相手の手球に当てると得点になります。
簡単に言えば、1回のショットで全ての球に当てるゲームです。

全ての球に当たれば成功で1点入り、失敗するまで自分の番が続きます。
当たらなければ失敗で、得点は入らず相手のターンに。
勝敗はお互いに決めた勝利点数に得点が先に達したら勝ちになります。
例えば勝利点数が10点の場合、10回ショットを成功させる必要があります。

あれ?先行の方が有利じゃん!と思う方もいらっしゃるかもしれませんがご安心を。先行のプレイヤーが勝利点数に達した場合は、後攻のプレイヤーに最後のチャンスが与えられます。

後攻のプレイヤーが失敗せずに勝利点数に達することができれば引き分け、失敗すれば負けとなります。

2つの球に当てるというシンプルなルールが分かりやすくていいですね。

力加減やどうやって2つの球に当てるかなど実力がモノを言うので、シンプルかつ奥深いと感じました。

キャロムビリヤードが上手くなれば、当て方や力加減が分かるため絶対ポケットビリヤードも上手くなると思います。

的球を4つに増やした「四つ玉」など遊び方も複数あるため、
興味を持たれた方は、是非台のある場所を調べてプレイしてみてください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事