1. HOME
  2. ブログ
  3. 【エクストリームスポーツ】極限の娯楽映画で気分転換できる。『トリプルX』シリーズについて

【エクストリームスポーツ】極限の娯楽映画で気分転換できる。『トリプルX』シリーズについて

『xXx(トリプルX)』シリーズ

新スポーツ推進団体NEWSPOスタッフのDive303!!!です。

今回はヴィン・ディーゼル主演の2002年のエクストリーム映画を紹介します。
”世界を巻き込む暗躍と陰謀を阻止するために主人公が活躍する”ある意味では王道らしいアクション映画ですが、よく目にするアクション映画とは一味違います。なんといっても極限下でのエクストリームスポーツのシーンが多い!!!
冒頭のシーンからクライマックスのシーンまで終始目が離せなくなるアクションの連続を観ていると気分転換にもきっとなりますよ。

2002年の1作目はヴィン・ディーゼルが主役を務め、
2005年の2作目はアイス・キューブ主演の続編『トリプルX ネクスト・レベル』が製作され、
12年後の2017年にまたヴィン・ディーゼルが主演となり、3作目の『トリプルX:再起動』が公開されました。

1作目の主演、3作目ではプロデューサー兼主演となっているヴィン・ディーゼルは3作目の公開時、 「今、世界はただ楽しむことのできる映画を必要としていると思った」ことが映画製作のきっかけのひとつと語っていました。

主人公は命懸けのスポーツ“X(エックス)ゲーム”で若者たちにその名を知られるエキスパートであるザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)。
最初から最後まで過酷で爽快なトリックを繰り広げていきます。

シリーズ3作品を観た個人的な感想ですが、アクション映画=スパイ映画という固定概念を壊してくれるエンターテイメント作品です。

1作目はエクストリーム系のアクションが多くて新鮮な作品でした。
2作目はエクストリーム系のシーンが減り、銃撃戦などのある意味ほかのスパイ映画でも観ることができるシーンが増えてしまったのが伸び悩みの原因なんじゃないかと思います。
3作目はエクストリーム系のシーンはもちろん、銃撃戦や近距離戦などのアクションがすべてパワーアップして、ザンダーの超過激な仲間も登場して再起動したことでまさにエクストリーム(極限)な映画になっています。

今もまたそんな世界情勢なのかもしれません。
どうしても深刻になりがちな時なので、ただただ楽しみたくて、気分を明るくしたい方は、アクション満載の映画作品をぜひ観て爽快な気分に浸ってみてください。

※極限下でのアクションシーンが満載なので、刺激が強いものが苦手な方は心して観てください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事