1. HOME
  2. ブログ
  3. 【国技化されているスポーツ④】 フィーエルヤッペン~オランダ~

【国技化されているスポーツ④】 フィーエルヤッペン~オランダ~

新スポーツ推進団体NEWSPOスタッフのDive303!!!です。

国技化されているスポーツの4つ目はオランダの”フィーエルヤッペン(運河飛び)”です。
各国で国技化されているスポーツはもっと種類もありますが、今回紹介するのは最後のスポーツです。

約250年前に水路の多いオランダで鳥の卵を求めて別の区画へ移動する動きを競技化したのが発祥だと言われています。運河や堀を長さ8~13mの棒を用いて飛び越えていきます。

棒高跳びのような動きがあり、棒を登るスピードも高所から着地場所に着地する技術も要求されるスポーツです。一見、簡単そうに見える競技ですが、高さ8~13mというのが一般的な建物の6階に相当することを考えるとやばいですね。

2006年に嵐の番組企画でマイナースポーツとして紹介され、メンバーの大野智さんと櫻井翔さんが日本フィーエルヤッペン協会の協力を得て挑戦している姿を観たのを思い出しました。

その国の文化や歴史から生まれたスポーツも熱いですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事