1. HOME
  2. 特集
  3. 【衝撃スポーツ】眉間のシワを目じりのシワに!エクストリームアイロニングで世の中のシワ伸ばし♪

SPECIAL

特集

【衝撃スポーツ】眉間のシワを目じりのシワに!エクストリームアイロニングで世の中のシワ伸ばし♪

こんにちは。

新スポーツ推進団体スタッフ19です。

 

緊急事態宣言、解除されましたね!

とはいえ、まだまだ油断はできない今日この頃。

家の中にいることが多く、対外的にも精神的にも制限がかかって閉塞感を感じる人も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は、そんな時にぴったりの、心の殻を打ち破るスポーツ

『エクストリームアイロニング』をご紹介します!

 

エクストリームアイロニングとは?

そもそも「エクストリームアイロニング」という聞きなれない競技がどんなものかといいますと、

 

エクストリームな状態でアイロンがけをすること!!

 

1997年にイギリスで発祥したというスポーツで、

エクストリーム(extreme)=極限の、過激な、非常に厳しい、

そんな環境下でアイロンをかけます

 

たとえば山頂、滝の裏、凍った湖の上、雪山でスキーを滑りながら、海の中に潜りながら、火山灰に埋もれた桜島など…

 

アイロニストの精神は、羞恥心の克服、ユーモア感覚、大自然での屈強な肉体、ばかばかしさの理解、家事のセンス(あくまでアイロンがけなので!)。

まさに非日常を感じながら、いろんな意味での限界突破ができるスポーツなんです!!

ヨーロッパを中心に競技者が多く、世界大会も開催されています。

 

世界で活躍!日本国内のアイロニスト

 

新スポスタッフとして色々なスポーツを調べるようになってから初めて知ったエクストリームアイロニング。

実は日本にも団体があり、日々精力的に活動されています!

 

有名な方で言うと、日本での第一人者といわれる松澤等さん。

日本代表組織「エクストリームアイロニングジャパン」の代表で、著書に『そこにシワがあるから』があります。

 

そして、以前新スポスタッフがお会いさせていただいた、「エクストリームアイロニストクラブ」の杉本真樹さん。

TEDの公演動画も拝見したのですが、一見ぶっ飛んだことをやっているにもかかわらず、とても本質的なことをおっしゃっていました。

 

 

エクストリームアイロニングは、自分の心と向き合う時間であり、

エクストリームな行為を通して自分で作っている心の壁、限界を超えていく。

そして自分が心から楽しむ姿、真摯に相手を思う姿が人を動かす。

 

コロナで世の中全体が縮こまり、世の中にシワが増えた今だからこそ、このユーモアにあふれたステキな方々を知ってもらえたらと思います♪

 

杉本さんの言葉をお借りすると、

 

眉間のシワを目じりのシワに!

 

心のシワを伸ばすことで周囲に笑顔が広がります!

 

気になった方は、youtubeなどでも色々な動画が出てくるので、ぜひご覧になってみてください。

一緒に心のシワを伸ばしましょう!